お買い物

優柔不断な私と電光石火ショッパーの夫

私の買い物には時間がかかる。

値段や物にもよるが、大抵の場合は、比較し、吟味し、実物を確かめにわざわざショップに足を運んだりして買わずに帰り、どこで買えば安いかなどチマチマ調べて、最終的に買ったり買わなかったりである。家電製品やいわゆるガジェットなんかは、リサーチしている間に新商品が出てきたりするので、いつまで経っても買えないことがある。

夫は真逆。何の前触れもなく、さくっとリサーチを済ませたら「ぽちっ」である。

なお、我が家のお財布は別々、買い物は個人の自由。お互いに好きな物を買うスタイルの無法地帯である。

圧力鍋が届いた

家に帰ってきたら、玄関のまえに大きな箱がある。(置き配達ができるというシンガポールの治安の良さは本当にありがたい。)箱は一片30センチはある。注文主が夫であることを確認して、家の中に運び込む。

電気圧力鍋である。

 

Comments

Copied title and URL